So-net無料ブログ作成
スクール・ワークショップ ブログトップ

富と豊かさのワークショップ② [スクール・ワークショップ]

さて、続いては「物質的な豊かさと精神的な豊かさを表す扉」でした。

これも先生の誘導に従って、それぞれの扉をイメージしていきます。tokageが最初にイメージした「物質的な豊かさを表す扉」はごくフツーの木製の扉でした。

しかしね。それじゃーあまりにも詰らん!! つーことで、tokageはもの凄くゴージャスな扉になるよう必死にイメージしました!

tokageの努力に答えるように、「物質的な豊かさを表す扉」はどんどん大きくなってゆきます。見上げるほどに大きくなったドアの枠というか、両脇の柱には大きな翼を広げた銀の天使が。

ドアは木製から、透明な素材に変化していきます。しかもドアはラファエル前派の画家達の絵が浮かび上がり、次々とシャッフルされています。ステキーーーーーー!!!!! こんな素敵なドア、ぜひ創って欲しい!!

一方の「精神的な豊かさを表す扉」はたくさんのインクルージョンが入った水晶の扉でした。この水晶の扉をくぐると・・・なにもありませんでした。

豊かさを感じさせるイメージは一切なく、tokageの脳裏というかまぶたの裏というか、光が瞬いているのが見えるだけです。

瞬く光というのは、(tokageの場合)たいていハイヤー・セルフです。豊かさに関してなにか仰っていたらしいのですが、意味はキャッチできず。残念!

貧乏人根性が染み付いているtokageにしては、豊かさに対してめずらしく肯定的なイメージでした。

最後のハッピーマネーランドは、参加者が用意されたスクリプトを使ってお互いヒプノを誘導しあうのですが、プロの筈のtokage、誘導を噛みましてねぇ(泣)。

未熟ながらも一応プロなのでスクリプトそのままではなく、オリジナリティを出そうとしたのが悪かったらしいです。ひょっとしてtokageはあまりヒプノが得意じゃないのかも!?

このワークで何を観たのかすっかり忘れてしまいましたが、この「富と豊かさのワークショップ」を受けた後で、大きな変化がありました。

それは何かと言いますと「もある」「しかない」をポジティブに使い分けられるようになった気がします。

あるものを「もある」と肯定できること。逆にイロイロ気持ちが追い詰められそうになったとき、「しかないから大丈夫」と捉える事が出来ると、結構ラク。

ありがちな結論かもしれないけど、物事は気の持ちようでいくらでも変えられるってことです。自分の認識=現実って事かな。

豊かさをテーマにしたスピリチュアル系ワークでよく言われている事だけど、初めて理解できた気がします。

もっともこの物事の捉え方がどこまで続くかは、神のみぞ知る・・・(笑)。
nice!(0)  コメント(0) 

富と豊かさのワークショップ① [スクール・ワークショップ]

来週からごっつ忙しくなるので。

先月志麻ヒプノ・ソリューションで「富と豊かさのワーク(仮題)」を受けてきました。このワークがいかに霊験あらたかだったかは、以前ブログで書いたとおりです(笑)。

この日の参加者はtokageを入れて4名。以前タイムトラベル・セラピーの体験で参加してくださった方もいらしていました。ワーク・ショップの内容は以下のとおりです。

①豊かさに関係する過去生
②物質的な豊かさと精神的な豊かさを表す扉
③豊かさの天秤
④ハッピーマネーランド~ギフトをもらう誘導

①の豊かさに関する過去生は先生が誘導してくださったのですが、この日は不思議と過去生に入れず・・・。いや、過去生は観えたのですが、イマイチ、ライブ感がなかったのよねー。

tokageの豊かさに関する過去生は昔の韓国でした。貧しい農家の男の子で、母親は生活の為に宮殿に上がっており、その為祖母に育てられているというシチュエーションでした。

母親はもともと利口な人だったのでしょうね、家柄が余りよくないのにも関わらず、けっこう良いところまで出世したようでした。

そうなると生活の為の仕事が、いつの間にか自己実現や自己を確立するためになってしまい。目を吊り上げて他人を蹴落とそうとする母親を、息子であるtokageは冷ややかな目で見ていました。

「豊かさ」をテーマにした誘導でしたが、出てきたテーマは「親子関係」でした。

今までヒプノをやってきましたが、tokageは過去生において、あまり親子・家族関係に恵まれていないんですよね。

理解のある親や、夢を実現するためにバックアップしてくれるような親に当たったためしなし(泣)。だからこそ、逆に親に縛られなくていいという部分はあるのかなーと思いました。

富や豊かさの定義は色々あると思いますが、自己実現も豊かさのひとつです。この自己実現、意外に親がネックになっている事があるんですよねー。親が邪魔していたり、親を言い訳にしていたり・・・。

いい加減、親や世間から刷り込まれた呪縛から、自由になる時期に来ているのかもしれません。
nice!(0)  コメント(0) 

豊かさのシンクロニティー [スクール・ワークショップ]

すっかりサボり癖のついたこのブログ。いや、書きたいことは色々あるんですよ、あるのですがーーーー!

あまり楽しい話題じゃなくてですね(苦笑)。「グチは(なるべく)書かない!」が、このブログポリシーです。故に楽しいことがないと、とたんに更新が止まってしまうんですねー。

あまり更新がないのもナンなので、記憶の底からオモロイ(と思われる)話題を掘り返してみました。

先月、志麻先生のところで「富と豊かさのワークショップ(というタイトルだったと思う)」を受けてきました。

ワークショップ開催は9月16日、tokageは10日に代金を振り込みました・・・。

さてワークショップ当日、その日は一日中家にいたのですが手が離せない用事がありまして、必死になってそれに取り組んでいました。そんな時に限って電話がかかってきます。

電話の呼び出し音を無視して用事に取り組んでいるtokage。しかし相手も負けていません。3分ほど電話は鳴り続け、とうとう根負けしたtokageは出る羽目になりました。

「はい?」

もの凄いドスの効いた低い声で応対するtokage。

「こちら○○銀行と申しますが」

セールスの電話かと思いきや、相手は銀行さん。

「こちらでtokage様のキャッシュカードをお預かりしております」

なななななにぃぃぃぃぃぃ・・・・・・・・・!!

参加費を振り振り込む時に、ATMにキャッシュカードと通帳を同時に入れたのですが、キャッシュカードだけ持ち帰るのを忘れていたもよう。

カードを取り忘れると、ATMの方で自動的にカードを飲み込んでしまうシステムになっているんですね。

幸いなことに参加費を振り込んだ時は、銀行に他にお客がいなかったので、カードを持ち去られる事はありませんでした。

もっともクレジット機能がついてないカードなので、他人が持っていっても使えないのですが、それにしても一週間も気づかなかったなんて!!

しかも「富と豊かさのワークショップ」を受ける日に電話がかかってきたなんて、もの凄い偶然(シンクロニティー)もいいところ。

これぞ「富と豊かさのワークショップ」効果か!?

とりあえず最初の対応の悪さに冷や汗をかきつつ、必死で電話口で頭を下げる破目になったtokageでありました。

あ、ワークショップですか? 楽しかったですよー。色々面白いものが観えました。それは長くなるので、別ページでUPしまーす。
nice!(0)  コメント(0) 

tokageのサード・アイ② [スクール・ワークショップ]

クリスタル・ヒーリング2で「ソロモンヒーリングの紋章」をやっていたときのことです。

このグリットはたった六つのシングル・ポイントで、大きくはオーラを、小さくは患部をヒーリングすることが出来るというスグレモノです。

この実習の時、tokageはなぜか額のヒーリングを行うことにしました。いつもは胃のあたりをヒーリングするのに、なぜだ?

第3の眼に対応するアメジストを中心に、ソロモンヒーリングの紋章をグリットすると、額から胃にかけて細かい振動が降りていくのを感じました。

アンさんによると「細胞レベルで変化している途中」との事でした。

まぁ皮膚が緑や銀色にならなきゃいいや。むしろ30年前のお肌に戻るなら、無問題(笑)!!

さてこのクラスが終了した翌日、tokageはサイキック講座上級の復習を兼ねて、オーラのクレンジングをしておりました。

掃除人を呼び出してオーラをきれいにしてもらうのですが、精神世界のtokageはなぜかクンツァイトと言うクリスタルを手にしていました。

「クリスタルアライカード」によると、クンツァイトは「愛と喜び」を表すクリスタルだそうです。

いちおうtokageも所有しているのですが、それとは比べ物にならないくらい、大きな塊です。そこからふわっと女の人が姿を表しました。どうやらtokageのハイヤーセルフのようでした。

会話を交わしたのですが、残念ながら覚えておらず(苦笑)。その代わりと言うわけではないのですが、額がぐーっと引っ張られる感触がありました。

顔をあお向けると、額から光の柱が立ち、そこに第3の眼が現れました。それはなぜかtokageがクリスタル曼荼羅で使用したサード・アイ・アゲートでした。

それを観たtokage、

「私のサード・アイ、こんな所にあったんだ」

どうやら地球にやって来る途中で、落としてしまった模様。数世紀ぶりの再会です。

探し物はなんですか?♪ 見つけにくいものですか?♪ 地中深くに埋まっているモノでした♪

以来、クリスタル・曼荼羅を枕元に置いて寝ているのですが、そのせいか最近頭がフラフラしまーす、イェーイ!

実は「サード・アイ①」の下書きを書いていたときに気付いたのですが、tokageは自分のサイキック能力(と言って良いのか?)に対して、謙遜と否定が入り混じったかなり屈折した感情を抱いているんですよね。

こんなにしょっちゅう宇宙と繋がってしまうような能力だって、欲しい人は欲しかったり羨ましかったりするハズ。

もっと自分の能力を肯定しても良いのに、なんでだろう・・・と自分の中をサーチした瞬間、いくつか過去生が浮かび上がりました。

サイキック能力で幸せになれないどころか、全てを失ってしまった人生が。宇宙の指示にしたがってこの能力を使ったのに、私が辛く苦しい時には助けてくれなかった・・・。

よっぽど怨みに思っているのでしょう。思い出した瞬間、物凄い咳と吐き気に教われました。とりあえず周囲に迷惑を考えずに咳をしまくったら、だいぶ楽になりましたが。

いっそ過去生の書換えを行おうかと思ったのですが、詳しく思い出さないと、自力で書換えが出来ないのですよ。

しばらくヒプノを受けに行く必要がありそうなtokageなのでした。

君の行く道は果てしなく遠いー♪ なのにーなぜーなにをー探してー♪ 何を探しているのかtokageもよく解りませーん。
nice!(0)  コメント(0) 

tokageのサード・アイ① [スクール・ワークショップ]

8月3・4日の2日間、アン・サティンさんによるクリスタル・ヒーリングレベル2を習ってきました。

最初テキスト見たとき「やらなくても良かったかな・・・?」と思ったりしましたが、百聞は一見にしかず。アメリカで行われている最新の方法を学ぶことが出来て、とても楽しい2日間でした。

2日目の授業では、「ソロモンヒーリングの紋章」や「記憶のブロックを解放するグリッド」、「ダメージを受けたオーラをヒーリングするグリッド」など、いろんなパターンのクリスタルグリッドをやりました。

いつも野生のカンと本能でやっちゃってるのでねー(苦笑)。明確な目的のあるグリットのパターンを学ぶのは、クリスタル・ヒーリングを行っている身の上としては非常に有意義でした。

時間の関係上、全グリットを試せたわけじゃないのですが、「頭痛を治すグリッド」を全員でやったところ、先生が「頭が痛い」と言い出し、慌てて全員でワンド片手に部屋を浄化する羽目に。

癒すというより、マイナスエネルギーを外に放出するという感じでしょうか? でも先生含め6人全員がワンドを持って、部屋の空気をかき回している姿は、そうとう不気味だったはず(笑)。

この「頭痛を治すグリッド」、ダブルポイントのアメジストを使います。斬新なのが首の付け根にも、アメジストのポイントを置くという所。たしかに頭痛と首の凝りは関連していますからねー。

ちなみに偏頭痛は優柔不断や決断を下せないことから起こる、混乱したエネルギーによって引き起こされるそうです。偏頭痛にお悩みの方、心当たりはありますか?

tokageがアン・サティンさんのクリスタル・ヒーリングを習おうと思ったのは「エジプシャン・ドリーム・スクライング」という、世にも妙なる好奇心をそそられる名詞が存在していたからです。

「エジプシャン・ドリーム・スクライング」どれほど怪しいクリスタルヒーリングなのか、ひょっとして生きたネズミの腹を捌いて生血を啜るのか・・・。

胸ドキドキさせて受講したのですが、結果は「なーんだ」でした。

よく漫画の中でジプシーが水晶玉を観て、主人公の未来を告げたりしますよね。あれですアレ。

運命こそ観ないものの、クライアントさんの選んだクリスタルから、各自が抱えていらっしゃる悩みの本質を読み解くことは、普段からしているもんなー。

内心ちょっと不満に思いつつ、先生に言われるままスクライング用のクリスタル・ボールを選ぶtokage。

tokageが手にしたのは、内包物いっぱいの水晶です。スクライング用にはクリアーなものより、内包物の多いクリスタルの方が適しているそうです。

そして先生の指示にしたがって瞑想に入ると・・・そのまま宇宙へGO!!

スター・ウォーズに出てきそうな宇宙人たちが、奴隷市場のような場所で競売にかけられているシーンがちらっと見えて、あとは深ーい眠りの中へ(笑)。

tokageが宇宙空間に行ったことを伝えると、アンさんは「彼女は宇宙とコンタクト取っているのよ。彼女が昨日作ったクリスタル曼荼羅もその一つよ」と一言。

周囲は爆笑してるしさぁ・・・。も、いいや(苦笑)。

実は前日に「クリスタル・曼荼羅」なるものを作っていまして。

クリスタル・ヒーリングでは、クライアントさんのボディにクリスタルを並べたのを「クリスタル曼荼羅」と呼びますが、アンさんが教えてくれたクリスタル曼荼羅は一味違いました。

なんとスライスしたアゲートなどのプレートに、クリスタルを配置して接着剤でくっつけるという力技。侘び寂びを尊ぶ日本人にゃ、到底考え付かない荒業です。

この日用意されていたのは、アゲートとハウライトのプレート。

tokageはオレンジ色がグラデーションになった、四角いアゲートのプレートをチョイス。その後、プレートに乗せるクリスタルを選ぶのですが、5センチ四方のプレートに乗せられるクリスタルなんて種類が限られています。

オレンジ色が映えるようにブルームーンストーンを乗せようか、それともローズクォーツが良いか・・・なーんて考えながら、ふとサード・アイ・アゲート(天眼石のことか?)をプレートに乗せた瞬間! 神が降臨されました。

その名のとおり人間の眼のような模様&形をしたサード・アイ・アゲートをプレートの真ん中に、シトリンを左右に、三角形のアメジストを天地に、ぺリドットの欠片を放射線状に配すれば、あらぜんぜん不思議じゃねーよな、いかにも「呪い上等・煩悩バチコーイ」な感じのクリスタル・曼荼羅の出来上がり!

受けを狙っているわけじゃないのですが・・・(涙)。

初めて会ったアメリカ人にも宇宙人認定されて、ちょっとどころか、かなり不満&ウンザリなtokageでしたが、このクリスタル・曼荼羅、tokageの知らないところで、tokageの重要な部分を担っていたのでした。
nice!(0)  コメント(0) 

地獄の釜から [スクール・ワークショップ]

頭一つ分這い出してきました、tokageです。

いやーここんとこ、ずっと調子が悪くてですね、死にそうになっていました。一昨日の夜を境に、ようやく絶不調の底から、ちょっとだけ這い出すことができたので、まだ本調子ではないのですが、久しぶりにブログupをば、したいと思います。

2月14日のバレンタイン、義理チョコも友チョコの相手すらいないtokageさんは、アバンダンティア・アバンダンス・レイのアチューンメントを受けていました。

最近ようやく気付いたのですが、tokageすごく自己評価が低いんです、言い換えると自分に厳しい。こーゆータイプって、俗に言う受け取りベタなんですね。

目の前に幸運があっても、自己否定から「私なんて・・・!」と言って拒否するから、幸運を逃してしまう・・・と。

アンラッキーな人生より、ラッキーな人生の方が生きている甲斐があるってもんですが、それとは別に、自分を低く見ていると生き辛い。いや、ホンマでっせ。

tokageが鬱症になったのも、この自己評価の低さが原因のひとつでした。いい加減、ここらで受け取りベタのブロックを外したいつーことでアバンダンティア様のアチューンメントを受けることに決めたのでした。

ま、安定した経済基盤が欲しいのが本音だけどね。

ところが。申し込んだその日からもんのすごい倦怠感に襲われ、アチューンメント当日は頭&肩&目がズキズキ痛いのなんのって。

あまりの痛さにケチなtokageが、思わずヘッド・スパを申し込んじゃったくらいだよ。さっそくお金使ってんじゃん、どーなってんのさ、アバンダンティア様。

アバンダンティア様のアチューンメントを受ける際にコイン(日本のお金でも良し)を用意するのですが、tokageは5円玉にしました。

5円とご縁と洒落込んだわけじゃありませんが、金色の硬貨だし、豊かさの象徴である稲が描かれているし、世界でも類をみない穴の開いたお金だし。

桜は農耕の神様の花なので、100円とどちらにしようかと悩んでいたのですが、体調悪くてぐずぐずしている間に時間が来てしまい、結局5円玉に。これもご縁か(笑)?

布団にはいってエネルギーを待ち受けていると、いきなり物凄い胃の痛みに襲われました。
神経系のキリキリした痛みじゃなくて、満腹なのに無理やり食べ物を詰め込まれているような、ズキズキ系の痛みです。
ひょっとして、エネルギー過多による膨満感?

じっと我慢していると、やがて体の左側にビリビリとしたエネルギーを感じました。不思議なことに、右側はピリピリ程度で大して感じられず・・・。翌日ヒーラーさんからメールをいただきましたが、やはり右側のエネルギーの通りが悪かったそうです。

やがて痛みがうすれ、うとうとし始めるtokage。夢うつつのなかで、tokageは石造りの迷路のような暗い廊下を、光の速さで飛んでいました。

どこまでもどこまでも続く暗い廊下が貧乏くさくて、tokageは手にしていた壷から金粉を取り出し、周囲に撒き散らしました。するとあたりはベルサイユ宮殿に(爆笑)!!

さらに飛び続け、大気圏の上まで上がりました。そして南極の氷やアマゾンの熱帯雨林の上に金粉を降りかけます。地球上のありとあらゆる場所に金粉をばら撒きばら撒き・・・アバンダンスっつーより、花咲爺さん状態です。

大気圏が金色になったところで、地球をヒーリングしていました。そこでアチューンメント終了。

tokageの手元に残った金粉はゼロ! でした。

もっともこれはtokageのイメージで、ヒーラーさんによると、アバンダンティア様はtokageの腕に金色の麦の束をどさどさ落としただけでなく、金貨もたくさん降り注いでくださったとか。よし!

ヒーラーさん曰く、tokageの女性性(受容性)が開こうとしているのに、男性性(理性)が邪魔をして、せっかくの豊かさを逃したり、遠慮したりしてしまう・・・と言うことでした。
あと、胃は「自己表現」のチャクラがあるので、ここがウィークポイントということは、「我慢」「受け取れない」「自分を出せない」ということに関係しているのだそうです。うーむ、耳に痛いお言葉。

最後にアバンダンティア様に宣誓するために、起き上がってマニュアルに目を通したところ、

《好転反応について
風邪をひく、だるくなる、鬱っぽくなる、やる気がでない・・・このテキストを読んだ段階で、浄化は始まります

犯人はお前か!!

女神さまを犯人扱いしちゃ、いけませんが本当に好転反応が激しかったので。しかしアチューンメントを受けた直後、劇的に体調が良くなりました。まだまだあっちこっちに痛みや不調や倦怠感は残りますが、いままでに比べればはるかにマシ。

最低でも11日間は宣誓を続けないとイカンそうなので、ぐわんばって続けたいと思います。うーむ、11日後にどう変化しているか。

一度アチューンメントを受けると、他の人にも伝授できるそうなので、ちょっと練習してみたいと思います。さて、我こそはと思う勇者はどこにいるかな?
nice!(0)  コメント(2) 
スクール・ワークショップ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。