So-net無料ブログ作成
検索選択
スピリチュアル ブログトップ
前の10件 | -

師の見極め方 [スピリチュアル]

先日のクリスマスイベントは参加者はtokageを入れて4人、そのうちの1人はスピリチュアル初心者の方でした。

どうやら今後スピリチュアルを本格的に習いたいと思っていたようで、「どんな先生に習ったらいいですかね?」との質問を受けました。

これ、スピリチュアル初心者の方ならぜひとも知りたいですよね。

アレコレ習ったtokageのアドバイスはただ一つ。「自分と気の合う先生に習いなさい」です。これはクライアントとしてセラピストやヒーラーのセッションを受けるときも同じかな。

実際スピリチュアル歴がそこそこ長いtokageでも、「師」と言える先生はたった2名です。ヒーリングエネルギーの創始者に心酔しすぎてついていけなかったり、習った技術そのものが実は不要だったり。あとは根本的に教えるっていう事がどういうことなのか、わかっていない先生もいらっしゃったり。まぁ、ご縁ですよねぇ・・・。

自分の同僚や上司だったら、安心・信頼して仕事が出来る相手か。そういう視点でセラピストやヒーラーを見てみるのも良いかもしれません。


nice!(0)  コメント(2) 

逮捕されちゃうぞ★ [スピリチュアル]

宇宙には、私達の魂の歴史書が納められたアストラル図書館、私達の善行を貯める宇宙銀行、宇宙病院、そして宇宙警察があります。

アストラル図書館と宇宙銀行はtokageにとって馴染みの場所ですが、今まで一度も宇宙病院と警察は行った事がありません・・・でした。ええ、つまりは行ってしまったのですよ(汗)。

それは先週のこと。暇だったので、久しぶりにアストラル図書館に行ってみることにしました。

・・・って、すげー簡単に言いましたよ、このオンナ。

慣れた場所なので一人でも行けますが、この日は珍しく案内人を頼みました。さぁ、いざアストラル図書館へ!!と、思ったのですが・・・。

気がつけば見慣れぬ場所に立っていました。

そこは薄暗い部屋で、真ん中を大きなガラス窓で区切られています。

外国の刑事ドラマ映画に出てくる、事件の容疑者をいっせいに集めて目撃者に面通しさせる部屋ありますよね、ちょうどあんな感じ。

ガラス窓の向こうには白人の男性が居て、不安そうにベンチに座っています。気付けば案内人いないし(汗)。

アストラル図書館とは雰囲気の異なるこの場所にビビリながら、そっとドアから部屋の外の様子を伺うと、そこは近代的なオフィスで、青い制服のシャツを着た警察官と思しき黒人の男性達が行き来しています。

どうやら宇宙警察署に迷い込んでしまった模様。宇宙 DE 迷子なんて、スケール大きすぎるやろ、自分。

しばらく振りに自分を嫌いになりつつ、傍を通ったお巡りさんに「迷子になりました~」と自己申告(涙)。無事三次元に届けてもらいました。それが先週のこと。

さて今週の月曜日のことです。ちょーっと体調が良くなかったtokageは、自己ヒーリングをすることにしました。

会社のトイレに閉じこもり、エネルギーを送ってみたのですが、体の右側にブロックがあって、いまいちエネルギーの通りが良くないんですね。

頑張ればなんとかなりそうですが、場所が会社のトイレだけに、あまり時間もかけられず。どーしたもんかと考えていたtokageの脳裏に一振りのクリスタルの剣が浮かびました。

これは実際に現実に売っていたモノなのですが、刃に使われていたクリスタルも見事なら、柄の細工も見事、ついでに値段も見事という、見事尽くしの代物。

一緒に居た友人と「誰が買うんだろうね~」といいながら見ていたのですが、あの剣のエネルギーを使えないだろうかと、ふと思ったんですね。

結論から言いますと、クリスタルの剣のエネルギーが使えてしまいました。

あまりにも簡単に使えてしまったので、コチラの方がビックリだよ!!

しかしね、これってある意味エネルギー上の窃盗ですよね!? お金出して買ったわけじゃないのに、その剣のエネルギーだけを使っているんですから。

その瞬間、なぜ先週宇宙警察に行ってしまったのかが解りました。

今回たまたまやってしまったエネルギー窃盗でしたが、今後意識的に窃盗を行えば、逮捕されちゃうぞ★って事ですね。

どうやら現実で行動する前に、イエローカードを渡されていたようです。

最近、こういう逆転現象が頻発しているんですよねー。アセンションが関係しているんですかね? とりあえず、宇宙警察にお世話にならないように、注意したいと思います。


nice!(0)  コメント(0) 

内臓力は実現力 [スピリチュアル]

昨年末、TVで松田聖子ヒストリーがやっていましたね。ご覧になりました?

tokageは別室でPCをいじっていたのですが、彼女の歌声が聞こえた瞬間、部屋を飛び出してTVをガン見(笑)。

tokageが聖子ちゃんのファンだからじゃないですよ。むしろ彼女が現役アイドルとして活躍していた頃は、どちらかと言えば嫌いな方でした。

アイドル時代の聖子ちゃんは過剰な女の子らしさ、いわゆる「ぶりっこ」を売りにしていましたからね。そこが鼻につくという女の子は多かったように思います。

しかし大人になって改めてデビュー当時の聖子ちゃんの歌声を聴いてると、なるほど、彼女はなるべくして大スターになったのだということを、改めて感じました。

当時の聖子ちゃんの歌は、かわいらしいアイドルソングで、音程もハイトーン。

しかしテレビスピーカー越しであっても、彼女の歌声は非常に力強く響き渡っていました。

観客を前にして歌っていたのか、それともTVのセットの中だったのかは解りませんが、聖子ちゃんの声には「今、この瞬間、全力で」自分の歌をうたおう、自分の歌を聴かせよう、と言う強い意志に満ちていました。

やっぱり「今、この瞬間」に向かってパワー全開・全力投球できる人って、強いんだよね。

声を出す、歌をうたうという行為は、実は咽喉や胸だけでなく全身を使って行われます。よく「お腹から声を出せ!」と言われますね。

お腹から出す声は非常に力強くて響きがよいのが特徴です。腹筋を使うので疲れますが(笑)。彼女の声は典型的な「お腹から出す声」でした。

お腹には自己実現力を司るのはソーラーチャクラ(第三チャクラ)があります。おそらく松田聖子という人は、このソーラーチャクラが発達しているのでしょう。

他にもソーラーチャクラには活力や感性、目的を設定する力や、具体的なアクションを起こす行動力なども司っています。

ソーラーチャクラを活性化させるには、バランスの良い食事と毎日の排泄、適度な運動としっかりした睡眠という、規則正しい生活をおくることが大切です。

・・・っていうのは、tokageの個人的な見解ですが。

実際、肉体の大元である内臓の健康を無視することは不可能です。

私達が夢を現実化する為に動く時、同時に現実社会で必要とされる、諸々の雑事も並行してこなしていかなければなりません。

たとえば聖子ちゃんの場合、「歌う仕事」だけではなく、グラビアの撮影やバラエティー番組への出演、ラジオへの出演、レコーディング、インタビュー、リハーサル・・・それだけでなく、各事務所やレコード店への挨拶回り、サイン会やファンの集いに参加して・・・。

どんなに疲れていても求められれば握手して、常ににっこり笑って。好きじゃなきゃ出来ないけど、好きだけじゃ出来ないですよね。

聖子ちゃんがトップアイドルになれたのは、才能や運もあったと思いますが、それ以上に体が丈夫だったことも大きいと思います。

肉体的・精神的に大変な状況を乗り越えるには、情熱も大事ですが、むしろ現実的な体力や根性や粘りの方が重要になってきます。

気力や根性を英語で「ガッツ(guts)」と言いますが、これは同時に「消化管・腸・内臓」を意味します。

消化器官は食べ物を消化し、栄養を吸収して体内に送り込み、そして排泄物を外に出す働きを担っています。この一連の動きがスムーズにいって、人間は初めて健康になるわけです。

人間、健康で体力があれば多少ハードなスケジュールをこなしても、簡単にはへこたれないものです。逆に病気になった状態で夢を追うのは、ちょっと難しいですよね。心の支えにはなっても。

体が弱ると情熱を維持していくのが不可能になってしまいます。情熱は健康に支えられていると言っても過言ではないでしょう。

と言うことで、夢を現実化する前に、まずは一度自分の内臓力を見直してみませんか?

今回、書きたいことを1/3まではしょったにも関わらず、ずいぶん時間がかかってしまいました。疲れた~。

nice!(0)  コメント(0) 

スピリチュアルの香り [スピリチュアル]

せっかくスピ系ブログを書いているのですから、スピリチュアルな知識に関する記事をUPしたいと思い、サイキックアタックやサイキックヴァンパイヤについて調べたり、下書きをしていたところ、見事に体調を崩しました。どうやらネガティブエネルギーにやられてしまったようです。

けっこうな分量の下書きがあるのですが、もーUPする気になれず。折に触れてちょっとずつブログに書いていきたいと思います。

しかしねー。2ちゃんねるにサイキックバンパイヤ専用のスレがあったのには驚きました。しかも内容がすげーダーク。奥が深いよ、2ちゃんねる。

さて、今回のお題である「香り」について。

一説によると天使がいる時は主に花の香りがするそうです。薔薇とか百合とか。人によっては樹木の香りやバニラやチョコレートの香りに遭遇した方もいるとか。

実は今、会社のある場所に行くと強い薔薇の香りがするんですね。最初は誰かのコロンかと思ったのですが、どうもちょっと違う感じ。

自然な感じの薔薇の香りなんです。しかも香っているの廊下だし。天使がいるのでしょうか?

今度その場所で薔薇の香りがしたら「Hey,Baby. What’s up?」って声かけてみようかな(笑)。

んで、天使に香りがあるようにネガティブなモノにも匂いがあります。

tokageがクリスタルヒーリングを習っていた時のこと。先生からヒーリングを受けていると、時折ドブくさい匂いがしていました。

最初は「排水溝が逆流しているのかなー」と思っていたのですが、ある時かなり大きな過去生がらみのブロックを取った瞬間、むわ~っとばかりに、今までにないくらい強烈なドブの匂いがしたんですね。

先生は窓に駆け寄って咳き込んでいるし(涙)。

ドブの匂い = ネガティブな存在の匂いだったんですねー。

今はセッションをしていると、それがオーラリーディングであっても時折ドブの匂いを感じます。クライアントさんの体からネガティブなモノが抜けているのでしょう。

気が晴れる、気持ちがスッキリするとそれだけでネガティブなエネルギーが抜けていくんですね。よきかなよきかな。

ネガティブの種類によって、匂いも異なるそうです。

ネガティブなエネルギーを寄せ付けないようにするには、アロマを焚いたり、天然のエッセンシャルオイルで作ったスプレーをオーラに散布すると良いですよ。気が晴れます。是非お試しあれ~。

nice!(0)  コメント(0) 

Yes, I Can! [スピリチュアル]

あれは3年前・・・♪ たしかサイキック上級クラスを受講していた時の事です。

休憩時間に先生を交えながら、とりとめない話をしていたら、どういう流れか風水の話になりました。

今はどうだか分かりませんが、昔、tokageがクライアントとして先生の元に通っていた頃、HPに部屋や建物のエネルギー鑑定みたいなものを載せていらっしゃったんですね。

先生は「直接物件を見に行く事はありませんね。むしろ見取り図だけを見た方が良くわかります」と仰られ、それを訊いた不肖の生徒tokageは「さすが先生!」と、キラキラ輝く憧れの眼差しで先生を見上げたものでした。

さてそれから2年ほどたった先日の事。知り合いから引越しの相談を受けました。

「どう思う?」と間取り図を見せられて。その瞬間、リーディングモードにざ ちぇーんじ!

見取り図を見るまでは、リーディングするつもりなど毛頭ありませんでした。というか、出来るとは思っていなかったんですね。

駄菓子菓子! できちゃったんだよ~ん。

意識的に切り替えたというより、自動的に勝手に切り替わっちゃったというのが、正しいですが。

見た瞬間、見取り図に描かれている部屋に目がロックオン! そして脳裏にホラーな映像ちらちら。

なにが見えたかは割愛しますが(笑)、それまでよくマンガにある恐怖のお部屋の話なんて、正直、あんまり信じていませんでした。そういうお部屋に遭遇した事ないからね。でも、本当にあるんですねぇ~(しみじみ)。

この出来事で、特別に「サイキックするぞ!」と思わなくても、必要があれば能力発動するんだなーと言うことがよーく解かりました。危険察知能力というのか、野生の本能というべきか、ちょっと微妙ではありますが。

それと同時に、やれば出来るんだと、ちょっと自信がつきました。とゆーことで、皆様ご一緒に。Yes,I Can!

nice!(0)  コメント(0) 

放蕩娘の帰還 [スピリチュアル]

放蕩していた訳じゃありませんが、ご無沙汰しております。tokageです。

久しぶりにブログをUPするのって、ミョーに居心地悪いですなー。門限をとっくに超えた時間に、こっそり家に忍び込むときの気持ちに似ています(笑)。

久しぶりにログインしたものの、ぢつはネタがありませんで(汗)。苦し紛れではありますが、先日体験した不思議な話なんぞを、ひとつご紹介したいと思います。

tokageは運動がてら、毎日最寄り駅より二つ手前の駅で降りて、歩いて家まで帰るようにしています。。

途中、昔ながらの小さなお寺が集中している細い路地がありまして、風情があるのは良いのですが、外灯がなく、時間帯によってはかなり薄暗かったりします。

その日も、tokageはぼんやり考え事をしながら、その道を歩いていました。時はまさに黄昏時、逢魔ヶ時で、路地は薄紫色の闇に包まれています。

tokageの脳裏に、川岸の土手のイメージが浮かんできました。現実に歩いている道と同じように土手には外灯がなく、tokageは薄紫色の闇の中を歩いています。

tokageの背後から「一人じゃ危ないですよ」と声がかかりました。

振り向くと、スポットライトのような丸い光の中に、お巡りさんが穿いている紺色のズボンに革靴、そして自転車の前輪だけが浮かび上がっています。

「大丈夫です、ありがとうございます」とお礼を言ってそのまま歩いていると、なぜかお巡りさんがついて来て、後ろから色々話しかけてきました。

若い男性の声で、なんか良い人そうな飄々とした調子ですが、優しさの欠片もない、どこか酷薄な感じのする声でした。

友達がこういう声色の人と付き合ったら「優しくしてもらったり、幸せになる事を期待しちゃ、ダメだよ」って釘を刺すでしょうね。

tokageが無視していると、その声が「いいな~。欲しいなぁ~」と言い始めました。それをずっと繰り返し言っています。

何が好いのか、何が欲しいのか。解からないまま、tokageは唇を噛み締めながら歩いていました。振り向いたらヤバイ気がしたんですね。

イメージの中で、tokageは「とにかく、橋を渡ればなんとかなる」と必死に思っていました。

つーかさ、橋ってなに? って感じ。これイメージってか、むしろ妄想じゃん

Q:暴走した自分の妄想におびえているtokageは、ナニモノですか? 
A:馬鹿者です。

声の主はいつまでも付いて来ます。現実の路地を抜け、新しい道に入るという所で。

「もう、その辺にしときなさいよ」

という渋めのオッサンの声が聞こえたと思ったら、その瞬間、tokageの後をついてきた妄想(笑)悪徳警官の声がピタッと止まりました。同時に、tokageの体からふっと力が抜けるのを感じました。

妄想が止まらないって事は、稀にありますが(苦笑)、逆に妄想がピタッと止まったという事はあまりなく。

なんと言うか現実世界と、イメージの世界ががっちりリンクした状態で、tokageの肉体は現実の道を歩いているのですが、精神体の方は完全に違う世界に行っている状態でした。

声の主の正体はわからないのですが、「欲しい」という言葉に答えていたら、どうなっていたのか。

ちょっとヒンヤリする早春の不思議な話でした。
nice!(0)  コメント(2) 

ペンジュラムは嘘つかない [スピリチュアル]

フラワーエッセンスの種類(って言えばいいのか?)に、緊急用の混合エッセンスがあります。

名称として有名なのが、バッチのレスキューメレディでしょうか? 他にも各社それぞれの名前で出ています。

今回の地震があった後、数日たっても精神的に落ち着かず、ふと思い出したのがフローラコロナのフラワーエッセンスの存在でした。

セッションの時にコンビネーションボトルを作っているものの、個人的に飲むことってあまりないんですよねー。

ちょっと気力がないし、ここはオヒアレフアのエッセンスが必要かしら? と思いつつ、ペンジュラムで選んでみました。

ちなみにどうやって、ペンジュラムを使って選ぶかと言いますと。

まず目をつぶって右手にペンジュラムを持ち、左手でエッセンスのボトルを握ります。

ペンジュラムが「YES」の方向に回ったら、自分に必要なエッセンス。「NO」の方向に回ったら不要なエッセンスというわけです。

今回選ばれたエッセンスは以下のとおりです。

イリマ・・・無邪気さ、愛、喜び、生命力。(うん、これは良くわかる。)

マイレ・・・体を活性化させ、エネルギッシュにさせる。(気力が落ちてるしねー。)

パッションフラワー・・・疲れきってウンザリしている人にやすらぎをもたらす。(やすらぎ、くれー!)

パパイヤ・・・変化を深く自分のものとする。(変化はともかくとして、パパイヤは消化を助ける酵素をもちます。ショックが胃にくるタイプなので、必要だったのかも。)

以上は解かるとしても、意外だったのがマグノリア

女性性に強く働きかけるエッセンスなのに、なしてー? と思っていたら、ユーフィーさんのブログ&HPを見て納得。

そっかー。落ち着きと慰めを与えてくれるのねー。まさにその時のtokageにぴったりのエッセンスです。おそるべし、ペンジュラム!!

後日同じ方法でフラワーエッセンスを選んだところ、やはりマグノリアが選ばれました。まだまだ慰めと落ち着きが必要なのね。

ちなみにペンジュラムを使うときは、無心になることが大切です。やっぱ「こうなって欲しい!」とか「こうなる筈!」みたいな思い込みや意識をもっちゃうと、どうしても正しい答えが出ないんですね。

みなさま、ペンジュラムを使うときはぜひ無心を目指してくださいね。
nice!(0)  コメント(0) 

祈りは・・・ [スピリチュアル]

いつも日参させていただいている、ブローガーさんがヒーリングメディテーションを行っておられます。

22時に4人の大天使(ミカエル、ラファエルガブリエル、ウリエル)と共に地球や災害にあった人々に祈りをささげるというものです。

この手のことは、スピリチュアルを自認する方々がそれぞれの方法で行っていると思うのですが、tokageがハッとしたのが、ブログに書いてあった一言です。

祈りをささげたブローがーさん(イリゼさんと仰います)は、大天使ミカエルに、

「被災地が完全に復旧し、整った町並と笑顔で歩く人々を想像してごらん」

と言われたそうです。

スピリチュアルでよく言われるように、私達のイメージが現実を作るとしたら、上記のイメージを描きながら、祈りをささげた方が絶対良いはず!!

と言うことで、祈りをささげる予定の皆様、ぜひ良いイメージと共に祈りを捧げてください。

tokageが日参させていただいているのは、Blessings and Lightさんです。

今夜も Pray for Japan with Archangels のメディテーションを行うそうなので、皆様も是非ご参加下さい。

ちなみに昨日の22時は、tokageは爆睡しておりました~。どんなに休んでも体の芯にある緊張が取れないんです。

あと3日は震度6弱の余震が来るかもしれないんですよね。もういい加減にして~。
nice!(0)  コメント(0) 

妄想長者② [スピリチュアル]

昨日自分の書いたものを読んでいたら、とおぉぉぉぉぉっても! 危ない人が書いているもののような気がしてきました(汗)。tokage、ヤバ過ぎ。かなり痛いヒトですよね。

ほんでtokageの宇宙銀行行きの用事というのがですね。

「わくわく貯蓄はありますか?」

クローゼットセラピーというのかな? クローゼットに入りきらない洋服をカウンセリングして、処分してくれるという人が昨年TVに出ていたんですね。

過剰な買い物というのは、本当にやりたい事の代償行為だそうです。

やりたい事の為にお金を使わないで、どうでもいいことにお金を使う・・・。tokageもそういう時期があったから、そういう行為は否定しません。でも、それって結局のところ一時しのぎにしかならないんですよねー。

それに、ネガティブな状態でお金を使って楽しいかな? どうせお金を使うなら、自分がうきうきワクワクするために使いたいですよね。

そのうきうきワクワクな情感は、自分自身や周囲は当然のこと、地球や宇宙にも良い影響を及ぼすに違いない! ということで、宇宙銀行に行きたかったのでした。

別に宇宙銀行じゃなくても良かったんだけど、アストラル界で組織を造っているところっていうと、あとはアストラル図書館くらい? 他には病院と警察があるそうですが・・・。

それはさておき。わくわく貯金

「ありますよー」とは宇宙銀行頭取の弁。

「tokageさまのわくわく貯金率は42%です」

42・・・なにその微妙な数値。ってかパーセントって!? いや、それ以前にその数値は低いのか高いのか。

「人体化するとこんな感じです」と言って現れたのが、よちよち歩きの赤ちゃん

人間、驚愕の限界値を越えると、全てがどうでも良くなるんですねー。

とりあえず「かわいー」とこねくり回していたら、赤ん坊がいきなり大人になってしまいました。・・・のはいいのだけれど。

その人はtokageが愛憎半ばするといっても差し支えない相手の姿でした。

とたん、tokageの体が固まり顔は強張ってしまいました。それ以上何もできなくて、意識がフェードアウト。

まぁ色々考えさせてくれる、今回の宇宙銀行でした。

こういうことは、潜在意識が勝手に理解してくれるので、あまり解釈を加えない方が良いのですが。

しいて言えば。赤ちゃんは無邪気さとともに、無力の象徴でもあります。そして大人として出てきた人物は、tokageの苦手な人でした。

つまりtokageは妄想(笑)や想像、小さな事に対しては無心に楽しみ受け入れられるけど、大きな願いや、行動を伴う現実的な物事に対しては、苦手意識や罪悪感を持っていると解釈できます。

あるいは単純にその人を許しなさいよというメッセージかもしれませんが(笑)。

かーなーりカッ飛んだ映像ばかりでしたが、行って良かったです。

自分のわくわく貯蓄の貯蓄率もわかったしね(笑)。ついでに妄想貯蓄もあるか聞いておけば良かったなー。

妄想力なら誰にも負けないtokage。ひょっとしたらアストラル界の妄想長者かもしれません!?
nice!(0)  コメント(0) 

妄想長者① [スピリチュアル]

先日、ちょっと宇宙銀行まで行ってきました。・・・ってすげー軽く言いましたよ、このオンナ。

いや、現世でのお金の使い方に思う事がありましてね。

なんどかお邪魔している宇宙銀行。普通に瞑想していても行けるのですが、今回は頼もしい助っ人、アバンダンティア姐さんに同行をお願いしました。

tokageのお願いに答えて現れてくださったアバンダンティア様は、金色のシルエットで女性とわかるものの、顔はぼやけていてよく解かりません。とりあえず美人なことは確か。

とりあえず宇宙クジラに乗って、いざ出陣! と思ったら、なぜかラクシュミ様まで便乗されていました。まぁいいけどね。

tokageたちを乗せて、宇宙クジラは宇宙を猛スピードで駆け抜けていきます。目の前に宇宙銀行が迫ってきたところで・・・ポーンと放り投げられてしまいました。

以前、宇宙クジラで宇宙銀行に乗りつけようとしたところ、「宇宙クジラ禁止令」が出ちゃったんだよね。・・・ここまでくると妄想の域ですが、本当なんです。派手に突っ込んじゃったのよねー。

宇宙銀行に入ると、そこは光溢れるゴージャス空間でした。

温かな色の大理石の部屋は光り輝き、吹き抜けのドーム型の天井はどこまでも伸びていきます。

18世紀のヨーロッパ貴族の格好をした人たちが(でも靄みたいでした)、笑いさざめきます。

・・・tokageの豊かさのイメージって捻りがないねぇ(苦笑)。でも侘び寂び文化の日本と違って、ヨーロッパ文化の豊かさの方がわかりやすいですよね。

tokage達(つーか、アバンダンティア様達)が通されたのは、さらに上の階でした。

そこは部屋の壁も柱も透明なクリスタルで出来ていていました。部屋の中に噴水があり、水路が部屋を縦横に走っています。

たくさんの樹や花が植えられ、色鮮やかな鳥達がさえずる様は、さながら空中庭園です。

部屋の中央に一段低くなったところがあり、そこに絨毯がひいてありました。・・・下のヨーロッパ風と違い、こちらはイスラム風のようです。

目の前にたくさん並べられたお菓子もイスラム風。

アバンダンティア様とラクシュミ様はゆったりと寛いでおられましたが、反対に宇宙銀行の頭取は居心地悪そう。

美女が我が物顔でくつろいでいたら、そりゃー落ち着かんじゃろうて。

さて、tokageの用事とは・・・。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - スピリチュアル ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。