So-net無料ブログ作成

催眠療法への長い道のり① [ヒプノセラピー]

久しぶりにブログを書く時間が出来たものの、しばらくブログから離れていると書く事が思い浮かびませんなぁ。

という訳で、ヒプノセラピーについて色々詳しく説明することにします。

色々なセラピーやセッションがメジャーになりつつある昨今ですが、まだまだヒプノセラピーはメジャーではないような気がします・・・。

なーんて言っていたら、魔女仲間のLucy嬢(旧むめみつき嬢)曰く、「過去生療法やインナーチャイルドで検索してくる人はいるよ」と。

あ、そーなの。過去生療法もインナーチャイルドも、実はヒプノセラピーの手法です。

日本でヒプノセラピーという言葉が有名になったのは、ブライアン・L・ワイス氏の著書、「前世療法」でしょう。tokageが十代の頃だったかなー。アメリカから有名な催眠術師がやってきて、TVカメラやステージで大勢の人に催眠術をかけるショーをやっていましたね。あれのお陰で、日本では「催眠=イロモノ」のようなイメージが生まれてしまったかもしれません。

もっとも古い欧米のB級ホラー&サスペンス映画なんかでは、怪しい催眠術師がヒーローやヒロインに催眠をかけて、自分の思いのままに動かす・・・なーんてやっていますから、「催眠=怪しい」は全世界共通のものなのかもしれません(笑)。

ではヒプノセラピー(催眠療法)はいつ頃誕生したのか?

みなさん驚かれるかもしれませんが、実は催眠療法そのものは紀元前から存在していました。

古代エジプトでは「眠りの寺院」と呼ばれるヒーリングセンターがあっちこっちにあり、人々は病気や怪我をすると、眠りの寺院に足を運びました。

寺院に入ると僧侶達が唱える呪文によって眠らされ、人々は夢の中で治療や薬のお告げを受けたり、中には怪我・病気そのものが治ったりしたそうです。

パピルスに残された最も古い催眠の記録は紀元前3766年、チッチャ・エム・アンクという呪術師が数々の治療を行ったことが記されています。

この「眠りの寺院」は時代と共に古代ギリシャ~古代ローマへと広がっていきました。医学の父と呼ばれるヒポクラティスも催眠療法を行っていたといわれています。

しかしキリスト教が広まるにつれて、しだいに催眠療法は廃れてゆき、変わりに登場したのがロイヤル・タッチです。

これは国王や高位の聖職者などに触れられたり、踏まれたり、唾を吐きかけられたりすると、病気が治ったり、見えなかった眼が見えるようになったり、動かせなかった足が動かせるようになったりしたそうです。

このロイヤル・タッチで有名なのがローマ皇帝ウエスパシアヌス(在位紀元69~79年)、11世紀イギリス国王エドワード懺悔王、同じく11世紀ノルウエーのオーラフ2世、16世紀フランス国王アンリ4世です。

まぁ王になるくらいですから、本人達も強烈なパワーを持っていたのは確かでしょう。民衆も「王様に触れられてありがたや~やありがた~」という気持ちがあったからこそ、治ったわけです。しかし唾って・・・(汗)。うん、まぁ時代だよね、時代。

近代催眠に大きな影響を与えたのが、18世紀のウィーンの医師、フランツ・アントン・メスメルです。

メスメルは宇宙には動物磁気と呼ばれるエーテル体が満ちていて、この磁気の調和が崩れると病気になると考えていました。そして不足した磁気を患者に補充することによって、病気が治ると信じていました。これをメスメリズムと言います。

元々メスメルは磁石を使って患者達を治療していましたが、ある時磁石を忘れてしまい磁石なしで患者を治療出来たことから、自分の体には動物磁気が満ちていて、自分が病人に触れると病気が治ると考えるようになったそうです。

現代医学の知識からすると発憤ものですが、スピリチュアルヒーリングの世界ではスタンダードですよね。ひょっとしたらメスメルは生まれつきreikiヒーラーだったんでしょうかね?

もちろん彼は患者に触れただけではなく、治療院に神秘的な内装を施したり、豪華なマントを着たり、荘厳なバロック音楽を流したり、特殊な装置を使ったりと、患者の期待をよりいっそう高めるあれやこれやの工夫をしていたそうです。

患者は治療院に入ると、メスメル特製の特殊装置についている鉄の棒を握らせます。やがて明かりが消え、荘厳な音楽が聞こえてきます。そこに豪華なガウンを纏ったメスメル大先生のご登場です!!

メスメル大先生は患者一人ひとりに触れると、患者は痙攣したり悲鳴を上げたり身体が震えたり失神したりします。それがどんどん周囲に広まり、一種の集団ヒステリー状態になります。そして正気に返った頃には、あら不思議、治っているわ。に、なるわけです。

ぶっちゃけ、宗教行事やお祭り、占い師の館のやり方そのものです。まさに信じる者は救われる。

メスメルは多くの患者を診るようになり、盲目のピアニストの目を治したりしました。メスメルの評判はどんどん高まりますが、その為に他の医者たちからの嫉妬を買いました。彼らの陰謀によりメスメルはいんちき、詐欺師と呼ばれ、ウィーンを追われました。

何時の世も、嫉妬とは厄介なモノ。


メスメルが活路を求めて向かったのがパリです。パリでもメスメルの治療院は大繁盛し、なんとメスメルはマリー・アントワネットにお気に入り扱いされていたそうですよ。

とりあえず長くなるのでここまで。





nice!(0)  コメント(2) 

ザドキエル、自由への翼 [オーラソーマ]

連休に入って、ようやくブログ復活です! 派遣先の仕事が憶えることが一杯で、家に帰る頃には頭が飽和状態でしたが、最近ようやく慣れてきました。

さーて、久しぶりのブログネタはオーラソーマです。

先日、ようやく大天使ハニエルのボトルを使い終わりました。ハニエルはtokageが3番目に選んだボトルです。

本来、オーラソーマのボトルは2→3→4→1の順に使っていくそうですが、最近では1番目のボトルを一番最初に使わない限り、自由に使って良し、となっているそうです。

なので、今回は3番目のボトル<今現在>を示すボトルから使ってみました。ええ、綺麗でしたよハニエル様のボトルは。マイカがキラキラしていて。でもねー。使っているうちにディープマジェンダが重く感じられるようになってしまったんですよ。まぁマジェンダ自体が軽やか~って感じじゃありませんものね。

最初は3→4→2→1の順で使っていこうと思っていたのですが、4番目のボトルの大天使アンブリアルもペールローズピンク×ディープマジェンダの組み合わせなんですよね。

もぉ~マジェンダはごっつあんなので、お口直し的な感じで2番目のボトルの大天使ザドキエルを使うことにしました。

大天使ザドキエルはペールオリーブグリーン×ピンクの爽やかな組み合わせのボトルです。

淡い色のボトルばかりだったら、物足りなく思えるかもしれないザドキエルのボトルですが、濃厚なハニエルの後だと、伝統的なフレンチの後のお茶漬けみたいな感じで落ち着く~。

このボトルを2番目に選ぶとき、「自分の内側にあるものを受け入れがたいと感じています。自分の中の愛が混乱した感情によって見えなくなっています。このために苛立ち、自分のエネルギーを浪費していまいます」だそうです。

うーむ、心当たりがあり。あともう一つ。以前、ハニエルはtokageの自尊心を、アンブリアルは受容性を現していると書きましたが、ハニエルのペールブルーはtokageの男性性、アンブリアルのペールローズピンクはtokageの女性性を現していると思われます。そしてディープマジェンダは二つが完璧に調和された状態と考えれば良いのかと。

今まで中途半端に男性性優位で生きてきましたが、もっと女性性を受け入れていきなさいよ~という潜在意識のサインなのでしょうが。

どっこい、ハニエルを使った後は男性性とか女性性とか、どーでもいいじゃんっていう感じになってしまいました。ありのままの自分として軽やかに生きていきたいと思うようになったのです。これもハニエル様のお力なのかしら?

逆にザドキエルを使うことによって、ハニエルの男性性とアンブリアルの女性性を結び付けやすくするのかなという気もします。

さてザドキエル様。ペールオリーブグリーンとピンクの組み合わせですが、シェイクするとオリーブグリーンになります。

細かい泡がたくさんできて、それが組み合わさって大きな泡になります。意外にもったりとした細かい泡です。
NEC_2012.12.22.JPG
オリーブグリーンの写真は取れなかったので、大きい泡状態の写真を。ザドキエルは微かな花の匂いがします。華やかではなく、草原からの風を思わせる微かで爽やかな香りです。

意外かもしれませんが、ザドキエルのボトルはベースチャクラとハートチャクラ、そして第8チャクラに対応しています。

まぁピンク=赤ですし、グリーンは第4チャクラの色です。そして第8チャクラ。これは高次のチャクラですが、実は第1チャクラがきちんと機能していない状態で、第8チャクラを活性化させると大変危険です。

いろんな情報がどっと入り込んで、心も身体も疲弊してボロボロになってしまいます。なので第1チャクラを同時に活性化させるのはとても理に叶っているんですね。

胸から下腹にかけて塗った後、第8チャクラと思しき場所を撫でています。これで第8チャクラが活性してくれるのでしょうか?

ザドキエルのアファメーションは「この瞬間に私は自由になります」だそうです。

まさに今のtokageにドンピシャリなボトル&アファメーションです。う~む、オーラソーマはなんでも知っている。

さて、このボトルを使い終わったあかつきには、tokageは自由になっているのでしょうか?





nice!(0)  コメント(0) 

見知らぬアナタへ [宇宙イルカ倶楽部]

宇宙イルカ遠隔ヒーリング15分オーダーをいただきました。K・Y様、ありがとうございます。

ヒーリングのオーダーを受けると、まず10~15分程自分のエネルギーを整えます。そして時間がくるとクライアントさんの携帯にワンコールして、ヒーリング開始の合図を送ります。

今回も同じ手順を踏んでエネルギーを送ったのですが・・・あれ? エネルギーの状態がいつもと違う??? 

なんと言いますか、エネルギーが凄く脆弱だったんですよ。例えると電池切れの懐中電灯の明かりみたいな感じでしょうか。

まぁ、いかにヒーリングエネルギーと呼ばれているは言え、強ければ良いというものでもないんですね。エネルギーに慣れていない方ですと、逆にぐあいが悪くなったりします。

な・の・で。そんなものかなーと思いつつ、ヒーリング終了。さーて終了のご挨拶をするぞー。とメールを開いたtokageが見たものは・・・。

「セッション開始のお電話がなかったのですが」というクライアントさんからのメールでした。

慌てて着信履歴を見てみると、一箇所番号を間違えてるーーー!!! 思わず「うっきゃー!」と叫んでしまいましたよ。

電話はあくまでも開始のゴング代わりなので、しなくてもエネルギーはちゃんと届きます。それでもクライアントさんに電話するのは、安心していただく為といいますか、心積もりしていただく為といいますか・・・。

それでも宇宙イルカ達はちゃんと行っていたらしく、クライアントさんから「遠くの方で「キュ~~~」という音が聞こえました」というご報告をいただきました。よ、よかった~(汗)。

んで、思ったのですが。一方的にエネルギーを送っても駄目なんだなーって事ですね。エネルギーを受ける側も、受け取る意志を持たないと上手く流れてくれないんですね。

お詫びもかねてリベンジさせていただいたら、今度は上手くいったようです。あー良かった。

さて遠隔ヒーリングのご報告。K様に(最初の)エネルギーを送ると、ガラスで出来たネックレスの一部が見えました。背景は深い青色です。

これは一体なにを意味しているのかしら? と思ったのですが、どうやらK様の感性や価値観を現しているようでした。

K様はご自分の持っている感性や価値観を、他人のものと比べてしまい、どうしても自信が持てない、過小評価してしまう傾向があるようです。

場面が変わり、9歳くらいのK様が公園で楽しく遊んでいました。ブランコが大好きで思いっきりブランコをこいで空を見上げると「いやな気持ちがなくなっちゃうよ!」と言うのが大人のK様へのメッセージでした。

最初に出てきたビーズの首飾りをかけてあげると、嬉しそうに公園で遊んでいる子達に見せに行きました。

ここでメッセージを受けました。K様が素敵に思っているものを、他の人も同じように素敵だと思わない事もあります。だからと言って自分の「素敵」が変質するわけではありません。

他人が「素敵」だと思わなくても、自分が「素敵」だと思っていれば、それは「素敵」なのです。

自分が他人の素敵を尊重するならば、自分の素敵も尊重しましょう。それが自分の軸をしっかりさせてくれ、他人の意見に左右されなくなります。

そしてリベンジの時は、宇宙イルカの遠隔ヒーリングの真骨頂、ハートにドドーんとエネルギーが入っていくのを感じました。同時に胃に強烈な痛みが。

どうやら胃にエネルギーが凝っているようです。これはご自身が制限してきた行動エネルギーが出口を失い、そのまま固まってしまったようです。

K様はご自身が思っている以上にパワフルで行動力のある方なのですが、それを自分で制限しているようです。あと問題が起きると、それを不要に自分の責任として負ってしまう部分があるようです。

なので、自分の手に負えないと思ったら、思い切って一度物理的に離れてしまうのも一つの方法です。問題を外から眺めてみると、自分が解決すべきものかどうかが解るでしょう。

以上がK様のヒーリングの結果です。K・Y様、ありがとうございました。

そしてtokageがうっかり間違い電話してしまった見知らぬ誰かさんへ。本当にゴメンなさいね。怖かった見知らぬ番号から電話が二回、しかも二回ともワンギリ。どう考えても怖いよ。

今までは開始のお電話に出ていただきませんでしたが、今後は出ていただくことも検討した方が良さそうです。





nice!(0)  コメント(2) 

世界にたった一つの [クリスタル]

あまり使う機会がないのですが、片方がミルキークォーツ、もう片方がメタルフォーゼスです。
NEC_2012.12.8.jpg
ミルキークォーツはたしか900円くらいだったかな? メタルフォーゼスは5,000円くらいでした。正直、どっちがミルキーでどちらかメタルフォーゼスかは忘れてしまいました(笑)。

メタルフォーゼスは「本当の自分の姿を認識する手助けをし、心の変化変容を助けてくれる」働きがあり、一方のミルキークォーツは「感情を落ち着かせて心にゆとりと寛大さをもたらしてくれる、生きる喜びを取り戻し、無邪気に人生を楽しむことができるようになる」んだそうですが。

ミルキークォーツを胃において使ってみたときは、思わず「いたい痛い!!」と叫んだくらい激しい反応がありました。一方メタルフォーゼスを使った時はまったくの無反応。この貧乏なtokageが5,000円以上も払って購入したのにぃ~!!

ま、まぁ。ミルキークォーツを使った時のtokageが感情の落ち着きがなくて、無邪気に人生を楽しめない状態だったのだと言われれば、反論できないけどね。

正直、tokageにはミルキークォーツとメタルフォーゼスの違いが良く解りません。

メタルフォーゼスはブラジルのミナスジェライス州で産出されるクォーツで、ガンマン線を照射すると、イエローゴールドに変わるります。(それをオウロヴァルデクォーツと呼びます)一方ミルキークォーツは同じようにガンマン線照射をしてみも、淡く黄みを帯びるだけだそうです。

個人的にはだからなに? という感じなんですがね(笑)。

今いろんな石が売られているし次から次へ新しい石が産出されています。まるで魔法のような未来を約束してくれるような効果を謳って。そういった石にはたいていバカ高い値段がつけて売られています。

そういった石の効果を期待して大枚払う方もいらっしゃるわけで。石屋さんにとっては美味しい話ですよね。極端な話、適当に効果をでっち上げたり、あるいはミルキークォーツをメタルフォーゼスと言って売ることも可能なわけです。

マニアの方はこういう現状を憂えたり、怒りを感じたりしているみたいですが。いっぽうで石の効果が全くの嘘という訳ではありません。

ヒーラーやセラピストに人気のアゼツライトを実際手にとったことがありますが、あまりにも強烈過ぎて、吐き気がしました。

でもね人がつけた効果・効能ってあまり意味がないなと、個人的に思うんです。むしろもの凄い強烈なパワーを持った石でも、持ち主がそれを生かせないと、それこそ猫に小判なわけで。

むしろ自分が一目見て「あ、いい!」と思う「素敵、欲しい!」と思う。それがあなたが本当に必要としている石にめぐり合う秘訣じゃないんですかね。

自分が良いと思った石って、やはり自分の無意識が欲しているんですね。そして私たちの「素敵!」と思う気持ちが石にさらなるパワーを与えるんだと思うんです。

人間も同じですよね。「あなたがお金持ちだから、付き合ってあげる」って言う人より、「あなたが大好きだから、お友達になりたい」って言う人と仲良くしたいですよね。つまりはそういう事じゃないかと。

たとえ名前がなくても、一山いくらの石でも、傷があったりインクルージョンだらけの石でも。あなたが「これだ!」と思った石は、地球でたった一つ、あなたの為だけの石です。

そいういう石を是非、見つけてくださいね。
nice!(0)  コメント(0) 

神様のタイミング [雑記]

トイレに携帯落とした~!!

誤解なきように申し上げておきますが、電話をかけながらトイレに入った訳じゃありませんよ。

会社を出る前にトイレに入りまして、後ろの棚の所にバックを置いたんですね。その棚の幅がちょっとばかり狭かったので心配ではあったのですが、他にバックを置く場所もなく。

そして背中を向けた瞬間、バックがドサッと落ちまして、外ポケットに入れておいた携帯だけが、トイレにIN!!!

なぜに携帯だけ??? せめてただで取替えが聞く定期にしてくれよ! って、そーゆー問題じゃないか。

トイレ使用前だったのがせめてもの幸いですが。そしてデパートや駅のトイレじゃなかっただけマシですが。しかしよりによってトイレ。なんとも間抜けで涙が出ます。

会社の人が買ったばかりのiPhonをカップの中に落としてダメにしたそうですが、それよりマシなのかなぁ。

落としてしばらくは中々怪しい状態でしたが、今は正常に機能しています。一応ドコモダケ基地で見てもらったほうが良いのかなぁ?

あまりにも気持ちよくトイレの中にINしてくれたので、コレも神様からのメッセージかと疑っているtokageです。iPhonにしろって事ですかね?



nice!(0)  コメント(0) 

師の見極め方 [スピリチュアル]

先日のクリスマスイベントは参加者はtokageを入れて4人、そのうちの1人はスピリチュアル初心者の方でした。

どうやら今後スピリチュアルを本格的に習いたいと思っていたようで、「どんな先生に習ったらいいですかね?」との質問を受けました。

これ、スピリチュアル初心者の方ならぜひとも知りたいですよね。

アレコレ習ったtokageのアドバイスはただ一つ。「自分と気の合う先生に習いなさい」です。これはクライアントとしてセラピストやヒーラーのセッションを受けるときも同じかな。

実際スピリチュアル歴がそこそこ長いtokageでも、「師」と言える先生はたった2名です。ヒーリングエネルギーの創始者に心酔しすぎてついていけなかったり、習った技術そのものが実は不要だったり。あとは根本的に教えるっていう事がどういうことなのか、わかっていない先生もいらっしゃったり。まぁ、ご縁ですよねぇ・・・。

自分の同僚や上司だったら、安心・信頼して仕事が出来る相手か。そういう視点でセラピストやヒーラーを見てみるのも良いかもしれません。


nice!(0)  コメント(2) 

クリスマスの贈り物 [作ったもの]

昨日はtokageが日ごろお世話になっているアカデミーオブヒーリングアートで開催されたクリスマスイベントに参加してきました。

蜜蝋キャンドル作りに数秘をベースにしたタロットのミニセミナー、願い事を叶えるブレスレット作りにレーザー水晶を囲んでのメディテーション、そしてお昼のマクロビ弁当とシャンパンでの乾杯と盛りだくさんのイベントでした。

こちらがtokageの作ったキャンドルとブレスレットです。
NEC_2012.12.2.JPG
黄色いのが蜜蝋、四角い形のがパラフィンのキャンドルです。いっけん難しそうに見えるキャンドル作りですが、やってみると意外に簡単!

特に蜜蝋は融点が低いので、すぐ溶けてあっという間にキャンドルの出来上がり。蜜蝋シートにロウソクの芯を巻きつければ、さらに手軽に蜜蝋キャンドルが出来ます。逆にパラフィンの方が融点が高くて中々融けなかったのが意外でした。

蜜蝋は火をつけるとマイナスイオンを発し、蜜蝋に含まれたプロポリスやハチミツなどの天然成分が燃えることによって、天然のアロマにもなるそうです。

パラフィンのキャンドルは自由に色づけやアロマをくわえたりする事が出来るので、色々なデザインを楽しみたい方向けです。

tokage達はシナモンやアニス等のハーブをキャンドルに飾りつけしましたが、こういう楽しみ方が出来るのも、パラフィンキャンドルの特徴かも。

そしてルビー・ラクシュミ先生のタロットセミナー。

これは数秘とタロットを組み合わせたもので、算出したイヤーナンバーと23の大アルカナがそれぞれ持つ意味を重ねていきます。

tokageの今年~来年の誕生日までのイヤーナンバーは10、カードは「世界」です。

このカードの意味は「一つのサイクルの終わりと新たなサイクルの始まり。幸運と運命。富と名声」があるのだそうです。このカード、信じるぞ!!

そして願掛けブレスレットの製作。tokageにしてはめずらしくローズクォーツとラベンダーアメジスト、そしてクラック水晶の組み合わせです。

クラック水晶はパワーが高いといわれていますが、手にとって納得。たーしーかーにパワフル。しかしなー。美しいレインボーが綺麗に入っていて、クラックが下品じゃないビーズを捜すのが大変。アクセサリーとして鑑賞に堪えうるものでパワーが強いものになると、使えるのはビーズ一連の中で半分くらい? 実際にブレスに使うとなると、結構高価なものになりそう。

ゴムブレスってデザイン的にお洒落に作るのが難しいものですが、それ以上にクリスタルたちが気に入らないデザイン、好まない石の並びのブレスをうっかり作っちゃうと、ゴムがはじけ飛ぶんですねー。この日は、先生が作ったブレス2点がはじけ飛びました。

tokageの作ったブレス、第六チャクラに異様に効くんですよー。ちょっと額に近づけてみたら、えらいクラクラしました。このブレスにtokageがなんの願いを込めたかは、ナイショです。

願いが全部叶ってくれるといいなー。少なくともお金持ちになる願いだけは、絶対叶えてくださいな(笑)。


nice!(0)  コメント(2) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。