So-net無料ブログ作成

過去執着・未来不安 [断捨離&人生整理]

ガラクタ捨てて。今後無駄遣いしないぞーっ! と誓いを立てたのもつかの間、アレルギーが悪化しまして、先週は皮膚科、今週は眼科と2回も医者に行く破目になりました。

痛いのも辛いけど、痒いのも辛い。お金を使うのはもっと辛い!! 神様、tokageがお嫌いなんですか?

さて今回もお題は断捨離です。

英国人の断捨離アン・・・ぢゃなくて(笑)、ヨーロッパ風水師のカレン・キングストンさんは、

『ガラクタを捨てれば自分が見える』

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 (小学館文庫)

  • 作者: カレン・キングストン
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2002/04
  • メディア: 文庫

と仰いましたが。

なんのなんの。捨てている最中から自分が思いっきり! 見えるものなんですね。

今回tokageが捨てたのは、以前考慮中としていたアロマランプです。
NEC_0154.jpg

かつてお家ヨガをしていた頃、購入したものです。アロマを焚きながらヨガをやったら、さらにリラックスできる&呼吸が深くなるかなと思いまして。

But,使ってみるとスイッチ部分が重いのと、毎回ポットを洗わなきゃいけない手間が面倒で、結局お蔵入りに。

それでも前回、なぜ捨てられなかったかと言うと・・・。

「またサロンを開いた時に使うかもしれないから」


と思っていたからなんですねー。・・・・・・・・わ、笑えばいいと思うよ。(by碇シンジ)

断捨離系のブログを読んでいると、殆どの人達が「断捨離サイコー!」なんだけど、中には「断捨離を断捨れ!」なんて言う人達もいて。どうやら思い出の品を捨てて後悔している模様。

んで、tokageが思ったこと。

人間って「未来不安」型と「過去執着」型の、どっちかの傾向があるんだなーと。

「未来不安」型は「いつか使うかもしれないから」や「いつか必要になるかもしれないから」を理由に買ったり捨てたり出来ない人。

「過去執着」型は「モノを通じて、あの素晴らしい過去をリプレイ!」なタイプ。

tokageは「未来不安」型なので、意外に思い出の品はあっさり捨てられるタイプです。しかーし!! 「これいつか使うかも」と思うと、捨てる手が鈍るんですよー。断捨離を通じて、不惑目前にして新たな自分発見です。

きっと「過去執着」型の人は「これがあれば、いつでも楽しかった出来事を思い出せる」と思うのでしょうね。

たしかに埋もれるほど不要なモノを溜め込むのは不健全ですが、モノを通じて楽しかった過去を思い出して、ほっこりするのも、未来の為にがんばるのも、どちらも豊かで大切な時間の使い方だと思いませんか? むしろそういう瞬間のない人生の方が恐ろしい。

過去の積み重ねが今を作って、今のあり方が未来の道筋になる。

そう思えば、たとえ今機能していない物であっても、簡単に捨ててしまうのは考え物かも。

今の自分を元気にしてくれる過去の物、未来への希望を感じさせてくれる物であれば、取っておいても良いのかもしれません。

とは言っても、「自分を元気にしてくれる」モノを意外に持ってないんですよー(汗)。いや、捨てたらバチの当たりそうなモノはたくさん持っているんですけどね。うーん、悩ましい。



ヒーリングスペースTOKAGEのHPはコチラから→http://healingspace-tokage.com/


nice!(0)  コメント(0) 

イルカと初夏の呪い [オーラソーマ]

相変わらず「なんじゃこりゃ?」なタイトルですが、オーラソーマ4本目のボトルとのワークが、いよいよ始まりました!

4本目のボトルはロイヤルブルー×ターコイズの「No.33 ドルフィン」です。
NEC_0151.jpg

写真では解りづらいですが、「タイタニア」のターコイズと比べると、やや暗めです。たぶん上のロイヤルブルーの影響を受けているのでしょう。あと、二層の境目のところに小さな泡が立っています。

オイルの比重が重いのでしょうか。軽く振るとロイヤルブルーとターコイズの間に膜のような跡が出来ます。

ドルフィンのスピリチュアルな働きは「第3の目を開くのに役立ちます。シンボルがもっとはっきりと解釈できるようになります。また、透視能力を高めます」だそうです。

あと特性として「レムリアやアトランティスの過去世とコンタクトを取ることができます。ポラリティワークに役立ちます」だそうですよ。

クリスタルな前世を持つtokageにはぴったりかも!?

タイタニアに比べて、ドルフィンはもっと強くラベンダーの香りを感じます。ターコイズ=ラベンダーの香りなのか?

このボトルを使うべく、さっそくシェイクしてみたのですが、もー混ざらないまざらない。

ようやく混ざったかなーと思うと、オンシーズンの台所昆虫Gのごとく、ササーッとばかりに元に戻ろうとするのですよ。

適当なところで手のひらに振り出してみると、(当たり前だけど)青い液体が・・・。顔に塗らなくて良かったー。さすがに抵抗あります(笑)。

首の周りや顎のあたり、髪の生え際などに塗って・・・現在は休止中。

なぜかとゆーと、現在初夏の呪いにかかっているからです。

花粉と紫外線のせいで顔から首にかけて、湿疹でぼっこぼこ。もー痒くて痒くて(泣)。

こんな状態で外国製の化粧品(扱いなんだよね、イクイリアムボトルは)なんか顔につけた日にゃ、大惨事が予想されますので、とりあえずお預け。

あ~早く湿疹が治まってくれないかな。季節の変わり目が恨めしい今日この頃です。





ヒーリングスペースTOKAGEのHPはコチラから→http://healingspace-tokage.com/


nice!(0)  コメント(0) 

涙の中の虹② [オーラソーマ]

開き直ってタグを設定したのにもかかわらず、断捨離ネタに飽きてしまったtokageは、熱しやすく冷めやすいB型です。

なので今回はオーラソーマネタ。

先月下旬から使い始めた「セラピス・ベイ」。まだ1ヶ月しかたっていないのに、もうなくなりました。

前回のタイタニアが使い終わるのに1ヶ月半かかったのを考えると、ずいぶ早いな~。

ま、タイタニアが咽喉から胸元にかけて使うのに対して、セラピス・ベイは全チャクラ対応ですからね。当然か。

さて、1回シェイクしたらオイル部分が乳白色になってしまった、tokageのセラピス・ベイ。よく見るとクリアーに色が戻っているような?

解りやすいように、背景を変えて写真を撮ってみましたが、どう思われます?
NEC_0148.jpg

さてこのセラピス・ベイを使ってどんな変化が起きたか。一番大きいのは、

○ルクの教材を捨てた。


しつこいかもしれないけど(笑)、15年近くtokageの精神的支柱だったので。

イヤーナンバー9とか第二ピナクル終了とか色々あるけど、セラピス・ベイのおかげかなぁ思っています。

セラピス・ベイって「クモの巣のような過去を取り除きます」という働きがあるんですよね。

たしかに、tokageにとって英語の教材はクモの巣のような過去でした。邪魔じゃないけど、うっとうしいみたいな。たしかにこういうモノって、エネルギー奪うわ。

地震のPTSDは相変わらず・・・一時期に比べれば遥かにマシになりましたが。tokageは2~3回くらいだと思うけど、瓦礫に埋まって死んだ過去生があるんだよね。この時の恐怖はまだ取り除かれていないな(笑)。

タイタニアでしんどい思いをしたから、セラピス・ベイはゆったり行くよーって事なんでしょうかね? まぁ、そうでなきゃ体も心も持たないですからね。

あと変化と言えば、ボトルが時々液漏れおこしていました。ボトルの色が変わる、割れるというのは良く聞きますが、液漏れというのも、ボトルが起こす不思議現象みたいですよ。

使い方が解らないまま購入したポマンダー&エッセンスですが、セラピスベイ購入時にお店の方に質問したところ、やはりポマンダー → クイントエッセンス → ボトルの順に付けていくそうです。でもどれが先でも構わないみたいです。

でもねーせっかく買ったのにも関わらず、tokageはポマンダー&クイントエッセンスを使うのをサボってまーす。面倒くさくてね。なんの為に買ったのよ、アンタ(笑)。




ヒーリングスペースTOKAGEのHPはコチラから→http://healingspace-tokage.com/


nice!(0)  コメント(0) 

それは神かETか? [宇宙イルカ倶楽部]

N・F様より遠隔ヒーリングのオーダーをいただきました。ありがとうございます。

今回は30分という長丁場(tokage比)。前回のお客様の時は、すんごい早く宇宙イルカ達が行ってしまったようなので、今回は「ぜぇぇぇぇったい!! 時間厳守してよ!!」と厳命しておきました。

奴らは「OK!」なんて気軽に返事をしていましたが、はたして守られたのでしょうか・・・。

さて、tokageはセッション前には必ずセルフヒーリングをして、自分のエネルギーを整えます。

いつも足裏からエネルギーを流すだけなのですが、今回に限ってなぜか「音叉を鳴らそう」と思ったのでした。

断捨離でスッキリしたクローゼットから音叉を取り出そうとして・・・傍にあったマッサージ用オイルのボトルを倒してしまい、床にオイルがこぼれて大慌て。

断捨離でスッキリしたクローゼット・・・? 監督にいらしていた宇宙クジラのとっつあんに叱られてしまいました。

時間が来てN・F様にエネルギーを流し始めると、額のところにもや~んとしたエネルギーを感じました。

tokageが今ハマっている断捨離に似たエネルギーです。同時に不用品に囲まれて気が散っているご様子の、N・F様のエネルギーが感じられました。

これは本当に周囲が散らかっているというより、つねに周囲に意識を向けている状態、ご自身の時間を持てない事への苛立ちを象徴しているようでした。

場面が変わって、tokageの前にユニコーンの角を生やした青年が現れました。傍にペガサスらしき(・・・記憶が不鮮明なので断言できません。申し訳ありません)を従えています。

ちょっとつり目で、目そのものがサイダー瓶を思わせる、涼しげな緑がかった水色をしていました。しかも超ハンサム! 正統派少女マンガのヒーロー顔というのでしょうか。

うっすらとした象牙色の肌は透明感があって、髪は薄い金色です。額の真ん中から生えている角は乳白色でした。

その角でtokageの額に触れると、

「知識の詰め込みすぎを止めるように伝えてください」


と言われました。「どういうこと?」と尋ねると、

「知識はあくまでも経験の為にあります。経験をせずに知識だけを詰め込む事は、人生において余計な混乱を招くことになります」

あのー、そのメッセージN・F様宛ですよね。tokage宛じゃないっすよね!?

N・F様はいわゆる「勘の鋭い」方のようですが、知識や情報に頼りすぎ、学ぶことに重点を置きすぎて、本来お持ちの勘を生かせていないとの事でした。それを防ぐには、

「考えや気持ちを整理する為に、あなたの周囲にある不要な物を捨ててください。あなたは物に気をとられるタイプです」


あのー、そのメッセ(以下略。

物に気をとられる、というのは単なる喩えではなく、実際に自分の気を物や他人に分けてしまう方はいらっしゃいます。

意図的に気を分ける場合もあれば、知らず知らずのうちに気を分けてしまう(散じてしまう)方もいらして、N・F様は後者のようです。

これを防ぐには、こまめに不用品(N・F様にとっての)を捨てること、本当に好きなモノに囲まれたお家パワースポットを作る、あるいはお気に入りの場所(日の当たる、気の良いカフェや公園がベスト)を見つけて、一週間に一度でも良いので独りの時間を持たれると良いようです。

あと考えすぎて呼吸が浅くなる傾向があるようです。もしご興味があればヨガなどをされると良いかもしれません。

謎の一角人はペガサスの背に乗って空を飛んでいきます。その後を白いペガサスの群れが続きます。

いつの間にかtokageも空を飛んでいました。空は淡い水色とばら色がいりまじっていました。

眼下に広がる大地は、若草色とばら色でブリューゲルの絵を思わせる、どこか幻想的な世界でした。

なので一角ハンサムさんは、妖精or神様的存在なのかなーと思ったのですが、正直うーんと言う感じ? どこかET(宇宙人)っぽいのですよ。

残念ながら、この方がN・F様とどういう関係があるのかは良く分かりませんでした。

ここで時間が来たのでヒーリングを終了させていただきました。

N・F様、どうもありがとうございました。

今回は違う方々がいらしていたせいか、宇宙イルカ達がtokageに見せたのは、セルフヒーリングの時だけで、あとはN・F様の元へ行ったきり全然姿を見せませんでした。

一応ヒーリング終了時に「時間だよ、全員集合ー!」と号令をかけたら、「はーい」と良いお返事で帰ってきましたが・・・。

本当にお返事だけは良い、宇宙イルカ達でした。こういうのをお調子者っていうんですよね?




ヒーリングスペースTOKAGEのHPはコチラから→http://healingspace-tokage.com/


nice!(0)  コメント(0) 

開き直ってみた [断捨離&人生整理]

えーと、ついに開き直って「断捨離&人生整理」のタグをつくってしまいました。てへ☆

だってさテーマは同じなのに、内容によって「雑記」にしたり「お買い物」タグに振り替えたりするのが、面倒なんだもん。

それにねー20年も生きていて整理整頓のコツが判らなかった人間が、それなりに理解できるようになると、嬉しくて自慢したくなるんですよ。※年齢をサバ読むおばちゃんは、スルーしましょう。

我ながらなんでこんな断捨離に燃えているんだ? と思った瞬間、どこからともなく答えが・・・。

ああそういう意味ねー。つーことで、当分tokageのガラクタ捨て・・・もとい断捨離話題はおそらく4月いっぱいまで続くでしょう。

T&Bクリスタルやら諸々体験記やら、色々ネタはあるので早いところ断捨離に片を付けたいものです。

さーて、tokageの断捨離。思い起こせば8年前、片付けベタ捨てベタのtokageが奮起して部屋を片付けた事があります。

8年前っていうと、イヤーナンバー1。これも新しいエネルギーを入れる為に片付けをすると良いと言われている年です。

スピリチュアルな事を一切やっていなかった頃でしたが、知らず知らずのうちに何かのエネルギーに動かされていたのでしょうか?

tokageがここまで断捨離に拘るのは、イヤーナンバー云々もありますが、もっと切実な理由があります。

それは「老後」

スピブログで「老後」なんて単語を使うのは、tokageくらいしかおるまいよ・・・(涙)。

tokageが住んでいる所はお年寄りの多い地域です。今から3年くらい前くらいかな、自宅から駅までの道すがら一軒の家の前に数人の作業員さんたちが立っていました。

周囲にはこまごまとした生活雑貨が散らばり、雨で濡れた地面には敷布団が放り出されていました。

たぶん家の持ち主が亡くなったのだと思いますが、その時反射的に思ったのが、年をとればとるほど、

物を捨てる為の気力、体力、判断力がなくなる


と言うことです。

この話をヒプノの授業でしたところ、S先生は何度も深く深~く頷いておられました。

tokageでさえ、15年近く心の支えだった○ルクの教材を捨てた後、何があったわけでもないのにグッタリ疲れていましたもの。体の自由が利かなくなる高齢者の方ならもっとしんどいですよね。

亡くなった高齢者の自宅が物でいっぱいだったっていう事がありますけど、捨てるのが億劫になってしまうんでしょうね。物に不自由する時代に育ったっていう事もあるでしょうけど。

こういう事態を防ぐには、若いうちから不要なモノを捨てる癖をつけるしかないのでしょう。

・・・とゆーことで。断捨離、命かけます。


ヒーリングスペースTOKAGEのHPはコチラから→http://healingspace-tokage.com/


nice!(1)  コメント(0) 

夢の賞味期限 [断捨離&人生整理]

ついについについに。tokage的ラスボス、○ルクの英語教材を捨てました。・・・長かった!

20代後半で英語の勉強を始めましたので、このテキストはかれこれ15年くらい、持っていたものです。しかも高い通信教育費を払った割に、ロクに使っていません・・・。

酒だ酒! 酒持って来い!!


ったく、自棄酒でも飲まなきゃやってらんねーぜ。

持っていたのはコレだけじゃなくて、以前にも捨てた教材があるのよねー。○ルクにどれだけ使ったか、考えるのも嫌です。

いや、いやいやいや・・・。使ったのは○ルクだけじゃない。申し込んだままロクに勉強しなかったあれやこれや通信教育のテキストをカウントに入れると、ヨーロッパ旅行3回は確実に行けたかも。
NEC_0140.jpg

英語の勉強を始めた頃のtokageにとって、英語は未来の可能性を持つ希望のチケットでした。

英語が出来ればより良い未来、より輝かしい未来が待っているかもしれないと思っていました。

だから一生懸命勉強していました、一時期は。

しかし念願の正社員(But日本企業)になったら、安心して勉強する気がなくなっちゃったのよねー。

だけど勉強したおかげで英語の雑誌とか読めるようになったしね。なのでそれで良しとしましょう。

ただ英検準二級までの単語は完璧に憶えたいので、その辺はがんばろうかな。

とゆーことで、ありがとうさようなら○ルク。

tokageが英語のテキストを捨てられなかったのは、惰性というより可能性を手放したくない思いがあったんですね。

「選ぶ事」「手放す事」はどちらも責任と痛みが伴います。

「選ぶ」責任とあったかもしれない可能性を「手放す」痛み。tokageは「手放さない事」で、どちらも回避しようとしていたんですね~(汗)。単なる責任回避だってば。

でも人生は限りがあります。そして夢にも賞味期限があります。時には人生を逆算して、今後もご縁のなさそうなもの、縁が切れているものは手放す勇気が必要ですね。

スピリチュアルの世界では「手放すとより良いものが手に入る」と言われていますが、はてさてどうなることやら?

nice!(0)  コメント(0) 

それは断捨離なのか? [断捨離&人生整理]

CDケースを捨てました。

tokageにはCDを聴いたらケースをその辺に放り散らかしておくという、大人としていかがなものか? と言いたくなるような悪癖があります。

音楽を聴くときはCD数枚分まとめて聴くので、当然床はCDケースだらけです。それだけならまだしも、ケースの存在を忘れて、うっかり踏み壊してしまう事も。

昔アタ製のCD収納ケースを購入して「これに入る量しか買っちゃイカン!」と言う誓いを立てていました。・・・いつの間にかCD収納ケースの上に、さらにCDが積まれ気がつけば部屋の中に小山が出来ていました。せっかくだから、その上にお宮でも作るか?

tokage的にCDはそんなに購入しない&捨てやすいアイテムではあるのですが、それでも気付けば溜まるんだよねー。かと言って、良い収納ケースはないしー。と思ったら、ありました。
NEC_0138.jpg
捨てるCD小山の横におわすは無印良品のCDケース(6枚入り)です。
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4945247800098

無印良品の文具ってホント侮れないわー。これは純粋にCDのみの収納で歌詞カードとかは入らないんだけど、歌詞カードなんて殆ど見ないので、tokage的にはこれでOK。

CDだけじゃなく、DVDも収納しています。ビデオテープと比べてDVDは遥かに薄いけど、薄いからといって油断していると・・・これまたビデオ同様、溜まるし散らかります。

一ケース6枚収納できる仕様になっているので、それを超えたら捨てるか買わないようにしないと・・・。このCDケース、けっこう使えるので、現在4個所有しています。あと1個購入しようかどうしようか、お悩み中。

結局のところ、モノを捨てているつもりで新しいモノを買っている、tokageの断捨離(苦笑)。これを断捨離と言って良いのか? まぁ、そもそも断捨離を目指しているわけではなく、名称を借りているだけですが。

どのみち生きている限りモノは必要です。大切なことはむやみとモノを減らすのではなく、持っているモノを全てフルに使ってあげることです。

お片付け用に買ったCD収納ケースはフルに働いてくれていますので、良しとしましょう。

しかし・・・気のせいかもしれないけど、ユーズドのCDって、新品で買ったCDに比べてなぜか飽きが早いんですよね。

やっぱり音楽に込められたエネルギーが、買った時点で少ないからか?


nice!(0)  コメント(0) 

おお、我が神サイトよ!! [断捨離&人生整理]

ちょーっと滞りを見せているtokageの断捨離。

捨てたいけど、どーしても捨てられないモノを前に、ちょいとばかり逃避行する事にしました。

tokageの逃避行、それは衣類を畳むという行為・・・。

えーっと、誤解なきように申し上げますが・・・つーか、誤解じゃないか(汗)。

みなさん、下着をきちんと畳んで仕舞っています? tokageはアイテム別に引き出しに収納していますが、さすがに畳むことまではしていません。

そんなに量がないのとすぐ使うので毎回畳むのも無駄を理由に、取り込んだらそのまま引き出しにイン。下着泥棒もビックリのだらしなさです。

だがしかーし!! どんなに量が少ないからって言っても、きちんと収納しないと、これまたスペースをとるんですよ。

でも正しい洗濯物畳み方なんて、家政婦さんの専門学校にでも行かない限り、家でも家庭科の授業でも教わらないですよね。殆どの家が我が家流なはず。今巷で売られている収納本に洗濯物の畳み方が載ってるのは、そういう理由があるからなんだろうね。

ということでネットで検索してみました。そしてヒットしたのが、こちらの神サイト(tokage基準)→http://shunou.japanda-ch.jp/idea/index.html

今までソックスはペアを縛って仕舞っていました。ゴムが傷みそうなしまい方ですが、そうしておけば少なくとも片方が行方不明になる事はありません。

しかしその方法だと、団子状になったソックスやストッキングが引き出しの中で山になるんですよね。

そこでこのサイトに載っているやり方でソックスを畳んでみました。

まずはスタンダードなソックス。
NEC_0141.jpg → NEC_0142.jpg

次はちょっと行方不明になりがちな、短いソックス。
NEC_0139.jpg → NEC_0140.jpg すごい、すごいぞ!!

長くて邪魔くさいストッキングも・・・。
NEC_0143.jpg → NEC_0144.jpg

劇的ビフォアー → アフター
NEC_0138.jpg
           ↓
NEC_0147.jpg

いや~ん、何一つ捨ててないのに、このコンパクトさ、なに!? やっぱきちんと収納するのって大切なんだなー。もちろん適性量を守るのは大前提だけどね。

この勢いに乗じて、セーターや他の下着類もどんどん畳んじゃいました。はぁ、スッキリすっきり。

捨てるのも大事だけど、収納も大事。コンパクト生活への道のりは、果てしなく遠そうです。


nice!(0)  コメント(0) 

一期一会 [口福]

先日用事があって、日本橋高島屋に行ったら、北海道展が行われていました。

やっぱ北海道・京都・九州の物産展って強いですね~。日本橋高島屋そのものが、それほど広くないからとは言え、たくさんの人でごった返していました。

基本、人ごみが苦手なtokage。だがしかーし!! 食べ物が関わると途端にtokageの人ごみバリアーが強化されてしまう不思議(笑)。

人ごみでごった返す中、北海道展基本の散らし寿司や魚介類の加工食品の売り場を潜り抜け、掻き分けながら、美味しいものを物色していたtokage。

ケーキ類の並びを通り過ぎようとしたところ、突如tokageの「美味しいものアンテナ」が、ビビッと反応しました。

カッと目を見開くと、そこにあったのはシュークリーム。

こんがりとカラメル色に焼きあがったシュークリームは、見かけより味を重視する北海道系列のケーキの中にあって、ひときわ地味でした。

But,サイキッカーtokageの美味しいものアンテナを舐めちゃいけません。「絶対美味しいに違いない!!」という不思議な核心と共に、4個ばかりゲットォ!
NEC_0132.jpg
食べてみると、皮は軽くキャラメリゼされてぱりぱりの食感。卵をたっぷり使ったカスタードクリームは濃い黄色でバニラビーンズが入っています。クリームに微かなオレンジ風味がついていて、洗練された味わいです。

これで210円は安すぎる!!


このシュークリームはしこつ湖鶴雅リゾートスパ水の歌で扱っているスイーツだそうです。
http://www.mizunouta.com/facilities/lab.html

こんな素敵なスパが北海道にあるんですね~。ぜひ行ってみたいです。ってゆーか、たぶん行かなきゃ、もう味わえないと思うんですよね、ここのシュークリーム。まさに一期一会の味です。

日本橋高島屋に御用がある方はぜひ、北海道展でお買い求め下さい!?

nice!(0)  コメント(2) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。