So-net無料ブログ作成

そういうことか!! [クリスタル]

クリスタルヒーラーを名乗っているのにも関わらず、あまりクリスタル関係のネタをUPしないtokageですが、今回はひっさしぶりのクリスタルネタです。

先日、クリスタルヒーリングの師匠のお家にお邪魔させていただきました。師匠のサロンには珍しい&大きなクリスタルが大量にあるので、元クリスタル星人のtokageはテンション上がりまくり!!!

「きゃーきゃー」言いながら拝見させていただいていたのですが、ふいに師匠が丸玉のルチルクォーツを指差して仰いました。

「tokageさん、このクリスタルをリーディングしてみて


い、いきなりtokageをテストされますか、ししょー。

師匠の元を卒業してもう4年? クリスタルヒーリングをする関係で大量にクリスタルを持っている割には、一個一個リーディングなぞした事はありません。

面倒だからというのもあるし、使う人によってクリスタルのエネルギーも変わってくるし…。と、言うのは本当だけど、同時に言い訳で、単純に本当に面倒だからです。(大切なことなので二度言いました)

しかし、師匠を目の前にそんな事、言えるわけがありません。内心ドキドキしながら丸玉のルチルクオーツを両手に持って意識を集中してみると…。「育む」という言葉が聞こえてきました。

ご存知の様に、ルチルクォーツは商売繁盛・金運UPのクリスタルとして知られています。いかにもガテン系な感じの方がごっついルチルの丸玉ビーズのブレスをしていたりしますよね。

いかにも金・カネ・¥な感じのルチルが、実は「育む」エネルギーと言うか働きを持っているとは意外でした。

ルチルクォーツのルチルは、ヘマタイトを母岩として成長します。それを考えれば確かに「育む」エネルギーを持っていても不思議じゃないかも。

ルチルクォーツ曰く、「育む」エネルギーはお金はもちろんのこと、人や組織を「育む」事も含むそうです。そっかー、なるほどねー。

But! 「育む」からには、ちゃんと「手放す」必要があるのだそうです。うーむ、深い。

実った麦はちゃんと刈り取らないと腐ってしまいます。必要な分は取り余った分は必要としている人の所に回す。ルチルクォーツはそのためのクリスタルです。

いくら自分が育てたものだからと言って、実った麦全てをがっつり独占してしまうと・・・ルチルクォーツは上手く働いてくれません。エネルギーの詰りを起こしてしまいます。

だから会社を経営されている方や、一人親方の立場の方がルチルのブレスをされている、あるいは会社に飾っているのは、直感的に解っていらっしゃるのでしょう(もちろん神頼みの方もいらっしゃると思いますが)。

ただし、本当に「手放す(=回す)」事はお忘れなきよう。お金(エネルギー)は溜め込みすぎると、トラブルの元です。

「育てる」クォーツであるルチルクォーツを、子育て中のお母さんが持つとどうなるか? そこまでは(石に)質問しませんでしたが、おそらくかなり理性的なお母さんになりそうですね。

子供は可愛いけど、躾はシッカリする! どんなに自分が寂しくても子供が羽ばたく時は邪魔しないみたいなね。社会性のある子供に育てようとするお母さんになるかもしれません。・・・あくまでも私見ですが(汗)。

でも愛と理性のバランスって難しいですよね。小さい頃は無条件に可愛いでも、成長するにつれて親という役割を超えて個人として「このヤロー!!」と思う場面が多々出てきますしね。

tokageは未婚ですが、自分の子供時代を振り返ってもいやなガキでしたもの(苦笑)。親と言う仕事ほど、難しいものはなしですなぁ。

あれ、クリスタルの話をしていたのに・・・??

NEC_2013.2.3.jpg
こちらがルチルファミリーです。やっぱり多少研磨した方がルチルクォーツの美しさは映えますねー。原石の黒い部分はヘマタイトです。ここでルチルが育ちます。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。