So-net無料ブログ作成

経理処理あれこれ [開業あれこれ]

ヒプノセラピーの歴史にちょっとばかり飽きてしまったので。ちょっとヒーリングスペースTOKAGEの毎月の領収書の処理方法などを。興味のない方はスルーしてくださいな。

毎年1月~3月は個人事業者の確定申告のシーズンになります。会社員の人は会社が税金関係の手続きをしてくれるので、あまりピンとこないと思いますが、個人事業者は自分でやらなければなりません。

ま、毎月の経費をきちんと帳簿に計上し、通帳と帳簿の記帳を合わせ、領収書を保管しておけばなにも大変な事はなにもないのですが、領収書の保管方法に頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

ヒーリングスペースTOKAGEの経理を管理してくれている知り合いの税理士曰く、「クリアファイルに月ごとに領収書を分けて保管しておいてくれれば、なんとかなる」そうですが、それはあくまでも税理士さんが処理してくれる場合であって、個人で確定申告をされる方は、やはり毎月こまめに記帳&領収書管理しておくにこしたことはないと思います。

ところでtokageが毎月どう領収書を保管しているかと言いますと・・・。

tokageが使っているのは無印良品のF4サイズのスケッチブックです。
NEC_2013.1.6-1.jpg
表紙が堅くてしっかりしているので、後ろにマチつきの封筒をノリで貼り付け、戻ってきた確定申告書や源泉徴収書のコピーを入れたりしています。こうすると領収書と確定申告書を別々に保管しなくていいので、便利です。
NEC_2013.1.6-3.jpg

ページの頭にインデックスをつけて月別に領収書を糊付けしています。
NEC_2013.1.6-2.jpg
ただ惜しむらくはページが20枚しかないこと。24ページあればひと月2ページ使えるんだけどなー。ひと月1ページ半とちょっとばかり中途半端です。

ヒーリングスペースTOKAGEはあまり出費がないので(収入もないけど)、このスケッチブックで充分です。他にもページ数がたくさんあるスケッチブックもありますが、残念なことに表紙が柔らかいんですよね。

お部屋を借りていた頃は、部屋代に水道光熱費など出費もたくさんあったので、その年の預金出納帳の残高が合わなくて大変でしたー(泣)。やっぱり残高チェックはマメにやるべしと思ったモンだ。

tokageは最終的に税理士さんにお任せしているので、自作の総勘定元帳と現金出納帳、預金出納帳に記載していますが、経理ソフトに直接記載されている方は、毎月必ず残高をチェックされた方が良いです。

けっこう入力した時点で安心しちゃったりするんですよね。でも「6・9」のように似たような数字を間違えたり、端数の入力違いとか、経理の仕事をしているtokageであっても、ってか、tokageがアホだからかもしれませんが、よくやっちゃうんですよね。

実際の現金の残高と、出納帳の残高は合っているか。記帳された通帳の残高と預金出納帳の数字は合っているか。申告期限ギリギリのところでここが間違っているのに気がつくと、月を遡ってチェックしなきゃいけないので、けっこう面倒です。

小さい金額だと、年2回普通預金の利息がつきますが、微々たる金額なのでうっかり記載するのを忘れちゃうのよね~。

今月から新しい経理期間がスタートしますので、領収書の整理に頭を悩ませている方、良かったらこの方法を試してみてください。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。